食べる順番

同じ食品でも、食べる順番を変えることで血糖値の上がり方が大きくかわります。

 

ポイントは

 

食物繊維が多いおかずから食べることです。

 

食物繊維は野菜の他、海藻、豆類、キノコ類、こんにゃく類に多く含まれています。

 

 

食物繊維を先に食べることで、あとで糖分が体内に入ってきたときに、

 

小腸内で食物繊維がその糖にからまり、糖が吸収しづらくなるのです。

 

 

すると、小腸は糖を血液に一気に送り出しにくくなる為、血糖値の上がり方も

 

緩やかになります。

 

インスリンの量も少なくてすむので、分泌量が少ない人や効きが悪い体でも糖を

 

しっかり処理できます。

 

 

次に、肉や魚など、糖分が少ないたんぱく質のおかずを食べます。

 

糖分が少ないおかずを食べて、血液への糖の送り出しを遅らせます。

 

 

最後に当分の多い主食(ごはんなどの炭水化物)です。

 

この順番を守ることえ、最後に主食を食べる頃には、脳の満腹中枢は十分に刺激されている

 

はずなので、主食を食べる量自体も減ることが期待できます。

 

 

この食べる順番で血糖値を下げる方法の大事なポイントですが、

 

それぞれを全て完食してから、次を食べることです。

 

 

まとめ

 

血糖値を下げる食べる順番は

 

 

 

食物繊維の多いおかず

 

kendousyoudan

 

 

肉や魚

 

kendousyoudan

 

 

糖分の多い主食

 

 

 

 

 

血圧が高い人にお薦めの食品""血糖値を下げる食品ランキング