ドカ食いしてしまう方にお薦めの1日5食

大食いとドカ食いは血糖値を急激にあげるだけではなく、

 

インスリンが大量に分泌されるので、すい臓に負担をかける事にもなり、大変危険な食事の仕方です。

 

大食いとドカ食いをしてしまう理由の1つが、お腹が減ってしまってから食事をする事です。

 

お腹が減ってしまうと、早くお腹を満たそうと早く食べますが、満腹中枢が満たされるには時間が
掛かるので、それまで沢山食べてしまうのです。

 

 

その様な方には、1日5食にして、少しずつ食べることでお腹が減った状態をなるべく作らず、
食事をしても血糖値の上昇を抑えて、すい臓への負担を減らす事をお薦めします。

 

寝る前には、なるべく摂らない様にして、小まめに食事をすることを心がけて下さい

血圧が高い人にお薦めの食品""血糖値を下げる食品ランキング