血糖値を下げる食事の仕方3原則

血糖値を下げる為に食事で気を付けるポイントは2つあります。

 

1つめは、” 量 ”です。

 

ご存知のとおり、血糖値のとって一番の大敵は暴飲暴食による体重の増加です。

 

沢山食べれば、血糖値を下げようとすい臓が頑張り、疲弊してしいインスリンの分泌が
悪くなりますし、肥満になれば、インスリン自体が効きが悪くなる

 

”インスリン抵抗性” が出来てしまう確率も高くなります。

 

肥満防止の為には、まず、自分がどの程度までの食事量を摂ってよいか把握する事です。

 

この際、炭水化物は極力摂るのを控えましょう。
当サイトでは、血糖値を下げる食事療法で一番効果があるとしているのは、

 

糖質制限です。

 

炭水化物と糖質を全く無くす事が出来ない方でも極力、量は減らして下さい。

 

 

→ とにかく早く血糖値を下げたい人の食事療法はこちら

 

血糖値を下げる食事の仕方で大事なことの2つめはバランスです。

 

炭水化物・糖質以外の食品である、食物繊維(野菜、海藻類)、タンパク質、脂質を
バランスよく摂る事が大事です。

 

 

 

3つめは、食べ方です。

 

食べ方については、他の記事で紹介してますので、そちらをご覧ください。

 

→ 食べる順番を変えて血糖値を下げる
→ 1日5食の食事方法
 ゆっくり食べて血糖値を下げる

 

血圧が高い人にお薦めの食品""血糖値を下げる食品ランキング