糖尿病とアルコール-お酒の飲み方と適正な量

糖尿病にかかったら食事制限の為にアルコールは

 

絶対控えた方がいいと思っている人
は多いことでしょう。

 

血糖値とアルコール

 

 

ですが毎日の食事制限でストレスが溜まったり、
久しぶりの外食の時くらいアルコールを飲みたくなりますよね。

 

それでは何故、糖尿病にアルコールはいけないのでしょうか?

 

また、本当に飲酒はしてはいけないのでしょうか?

 

今回は糖尿病とアルコールについて説明します。

 

糖尿病とアルコール

 

 

糖尿病にかかっていない人が少量飲酒をすると糖尿病の発病を遅らせたり、
抑えたりする作用が働くと言われています。

 

ですが、大量のアルコールは糖尿病にかかる危険性を高める
原因にもなります。

 

また、飲酒で肝臓や腎臓などの病気にかかると

 

糖尿病になった時に糖尿病の血糖値コントロールが難しくなります。

 

アルコールによる膵炎を繰り返し発症する事で膵臓の働きが弱まり、
インスリンが分泌されずに糖尿病の発症リスクも高くなり、

 

糖尿病の人は悪化により合併症を起こす確率が高くなるのです。

 

大量の飲酒は一気に血糖値を上昇させます。

 

また、飲酒は食欲を増進させるので飲酒により過剰の
カロリーを摂取してしまう危険性があるのです。

 

糖尿病の神経障害が飲酒により症状が悪化する事もあるのです。

 

 

糖尿病でも飲酒をしてもいいの?

 

 

糖尿病でも飲酒が可能な人もいます。飲酒が可能な場合は

 

・糖尿病のコントロールが出来ていて、血糖値が基準値内であること

 

 先ほども述べたように血糖値のコントロールが出来ていない人
 では高血糖の状態が続く場合があるので危険です。

 

・糖尿病による症状が軽く合併症が起きていない人

 

 飲酒により糖尿病の合併症や症状を悪化させる危険があります。

 

・インスリン注射をしていない人

 

 インスリンによっては飲酒によりきちんと薬効が効かない薬もあるので
 医師の指示に従って飲酒可能か確認が必要です。

 

 また、内服薬の人に比べるとインスリンの注射をしている人は飲酒により
 肝臓などの臓器に影響を及ぼしたり副作用が出る危険もあるので注意が必要です。

 

・食事の制限が守れる人

 

 飲酒量や食事量をあらかじめ守れて飲酒が出来る人は
 飲酒をしても次の日には食事制限が可能なのでいいのですが

 

 自制が効かない人は飲酒で気づいたら暴飲暴食していた、
 という可能性もあるので注意が必要です。

 

 飲酒も

 

ビールなら350ml一本、ワインなら小さいコップ一杯、日本酒なら150ml

 

 梅酒なら小さいコップ一杯程度

 

 なら糖尿病の人でも飲酒は可能です。

 

 飲酒をする場合は飲酒と一緒にいつもの食事をしてはカロリーがオーバーするので
 必ず主食となるものは控え、

 

 メインとなるお肉料理や魚料理もあっさりとした料理を選ぶように
 食べ過ぎない努力が必要です。

 

 この飲酒の量でもご飯一善よりはカロリーが高いのです。

 

まとめ

 

飲酒は糖尿病でも可能です。

 

ですが飲酒が可能なくらいに
血糖値のコントロールが出来ている人は殆どいません。

 

それだけ血糖のコントロールをするというのは簡単な事ではないのです。

 

可能になる飲酒量が思っていたよりも少ない量に感じるかもしれませんが
糖尿病で無い人でも一日の適量と言われている量がここに述べた量なのです。

 

糖尿病の人はもちろんのこと健康な人も飲酒は適量が
体の健康を守るためには大切な事なのです。

 

 

血圧が高い人にお薦めの食品""血糖値を下げる食品ランキング