糖尿病は血糖値を下げれば完治するのか?

糖尿病のきっかけ

 

糖尿病はもともとの生活習慣の乱れなどがきっかけで悪化が始まるとされています。例えば、食事でのドカ食い、甘いものをたくさん食べることや、甘いジュースをたくさん飲むなど、身の回りには、糖尿病のきっかけになるような食品があふれていますし、生活スタイル自体が乱れていますので、糖分をたくさん、しかも一時的に摂取することが多いのです。例えば、空腹時に清涼飲料水を一気にとると、血中の糖濃度はいきなり高くなりますので、知らず知らずの内に、糖尿病になりやすい体質を作っているのです。

 

糖尿病発症のメカニズム

 

糖尿病は基本的に食事などで摂ったカロリーのほうが消費しているカロリーより多いことがもともとのきっかけで起こります。余分になったカロリーは脂肪細胞に脂肪として蓄積することになりますので、毎日カロリーオーバーが続くと、どんどん脂肪が蓄積していくことになり、見た目も肥満という状態になります。血液中では、本来インスリンが、ブドウ糖を細胞に吸収するように指示を出すのですが、肥満になるとインスリンの働きがどんどん悪くなって、血液中にブドウ糖の濃度が高くなるのです。ブドウ糖が血液中に高い状態が続くと、膵臓からインスリンをたくさん作るようになります。しかし、ブドウ糖がいつも多い状態では、膵臓の機能が追い付かず、ついに破たんし、インスリンが作られなくなり糖尿病になるのです。

 

糖尿病完治の可能性

 

糖尿病を治すには、日常習慣の改善から始める必要がありますが、インスリンが調節できなくなってしまってからや、合併症で動脈硬化が進んだり、高血圧症やコレステロール値が高い状態になってしまってからでは、症状を少しずつ改善することは可能ですが、完治させることはむずかしいのが現状です。弱ってしまったインスリンの働きを改善すること自体、簡単ではありません。つまり、糖尿病の発症におけるメカニズムを考慮すると、全ての工程での症状を治すことが難しいのです。

 

糖尿病完治と糖質制限

 

糖尿病は、現代病の一つで、現代の生活スタイルを意識して食生活や生活習慣を改善していかないと、なかなか効果が得られませんし、症状が悪化することにもなりかねません。ですから、糖尿病の可能性があると診断されたら、少しでも症状が進行しないように、日常生活で血糖値を上げないように上手にコントロールすることが大切なのです。まず、初期の段階においては、カロリーオーバーにならないように、食事コントロールをしたり、適度な運動をすることが大切です。また、空腹時に糖質をたくさん摂るような食事習慣を改めることが大事です。また、症状が少し進んでしまった場合は、糖尿病への意識に加えて、高血圧や高コレステロールなど、動脈硬化の改善に効果があるとされる、生活習慣を見直すことも大切です。

 

 

 

血圧が高い人にお薦めの食品""血糖値を下げる食品ランキング