コーヒーが血糖値を下げる

コーヒーに含まれる ” クロロゲン酸 ”という成分が 
インスリンの働きを活性化されるという発表がありました。

 

アメリカのハーバード大学が男女12万人を対象に18年間にわたって調査を
した結果を発表しました。

 

その発表によると、

 

1日にコーヒーを一定以上飲む人は、全然飲まない人と比較して、
糖尿病になる確率が

 

男性で50%
女性で30%

 

少ないことが明らかになったという事です。

 

コーヒーがと血糖値を下げる事に効果的であるという研究報告等は、これ以降も色々と
発表されているので、信頼性の高いデータであると言えます。

 

コーヒーの実に含まれる ”クロロゲン酸” はインスリンが血液中のブドウ糖を細胞に
取り組ませる作用を活性化する為、血液中から糖が減り、血糖値が下がると
考えられているのです。

 

 

どの程度の量を飲めばよいのか?

 

1日に5〜6杯以上が理想ですが、それ以下でも効果が期待されます。

 

どの種類のコーヒーが良いのか?

インスタントコーヒーでも缶コーヒーでも可。勿論、無糖のものが良いのは言うまでもありません。

 

 

コーヒーが血糖値を下げるという情報はたけしのみんなの家庭の医学でも放送されました。

 

 

血圧が高い人にお薦めの食品""血糖値を下げる食品ランキング