血糖値を下げる食品はやっぱりタマネギ

タマネギ(玉ねぎ)が、血糖値を下げて、糖尿病予防に効果がある事は
このサイトでご説明しており、
数ある血糖値を下げる食品の中でもお薦め度No.2 ですが、

 

最近では、朝のフジテレビの番組”とくだね” や”ホンマでっかテレビ”でも
その効果と効用が紹介され、玉ねぎの粉(パウダー)の作り方や、
商品の人気が急上昇しています。

 

玉ねぎが、糖尿病(血糖値を下げる)に効果があると言われる理由は
”ケルセチン” という、ワインなどに多く含まれている事で有名な
ポリフェノールの1種が玉ねぎの主に皮に多く含まれているからです。

 

ポリフェノールの効果と言えば

 

抗酸化作用(アンチエイジング)や、抗がん作用、血圧を下げる、痴ほう予防 など
多くの健康効果が言われていますが、

 

この”ケルセチン” が 他のポリフェノールの比較して、血糖値に対する評価が高い
理由が
”脂肪の吸収を抑制する効果が高い” と言われているからです。

 

よって、ケルセチンはダイエット目的でも人気の成分で、体内の脂肪を積極的に体外に出す補助的な働きもします。

 

この脂肪吸収の働きですが、まず肝臓で表れます。

 

それは肝臓に含まれてしまった脂肪を燃焼し、体外への排出を促進し、肝臓での脂肪代謝を高めてくれるのです。
この働きににより肝臓からは余分な脂肪が減り、その結果肝機能は向上し体全体の代謝機能も促進されるようになります。

 

そして、ケルセチンは、消化器系でも脂肪と結合するので体への脂肪吸収を阻止してくれるのです。

 

血糖値を下げる食品として、重要な事は、糖の吸収を抑え、インスリンの働きを良くし、インスリンが効きやすい体に
する事なので、

 

メタボを解消し、肝臓やすい臓を健康な状態にする必要があります。

 

その点で、ケルセチンが血糖値を下げるには適した食品である事が分かります。

 

しかしんがら、このケルセチンは先に説明した様に玉ねぎの皮に含まれている為、
玉ねぎを家庭でパウダー(粉)にするだけでは、効果が少ないですし、
作るのには手間が掛かります。

 

当サイトの”血糖値を下げる食品ランキング”でも紹介しておりますが、
このケルセチンの成分を凝集した食品もあるので、 
手軽に試したい方にはお薦めです。

 

→ 血糖値を下げる食品ランキング 

血圧が高い人にお薦めの食品""血糖値を下げる食品ランキング