G1値が低いと糖の吸収が緩やかになります

似たような食品でも、小腸で糖を吸収しやすいものと、しづらいものがあります。
たとえば、白米のごはんと玄米のごはんでは、白米のごはんの方が
小腸では糖を吸収しやすいのです。

 

食品がどれだけ血糖値を上げるかそ示す指数を

 

”G1値”
グライセミック・インデックス

 

といい、それは小腸で最も吸収しやすい、
ブドウ糖を100として比較した数値です。

 

G1値が70以上なら高G1、69〜56なら中G1、55以下なら低G1の食品となります。

 

G1値とカロリー

G1値はカロリーとは関係がありません。

 

白米や食パンの様に精製されたものは高く、玄米やライ麦パンの様に精製されて
いない茶色の食品は低めです。

 

 

G1値が高い食品(70以上)
白米、コーンフレーク、カボチャスープ、ソラマメ、じゃがいも、すいか、せんべい、ドーナツ

 

G1値が中程度の食品(56〜69)
ライ麦パン、うどん、玄米、ハンバーガー、パイナップル、ホットケーキ

 

G1値が低い食品(55以下)
そば、パスタ、トマトス―プ、ピザ、ぶどう、バナナ、トウモロコシ、にんじん、チョコレート、アイスクリーム

 

 

血圧が高い人にお薦めの食品""血糖値を下げる食品ランキング