菊芋は天然のインスリンと言われ、血糖値を下げ糖尿病患者に最適な食品です

当サイトでは数多くの血糖値を下げる食品を紹介していますが、

 

その中でも、一番注目を浴びている食品が ”菊芋” です。
天然のインスリンと言われるほど、血糖値を下げると効果があると言われています。

 

菊芋とは?

菊芋は北米原産の食品です。
芋とは言っても、実はキク科の植物で、根の形が芋に見えることから、菊芋と呼ばれています。
日本では、約20年ほど前から、血糖値を下げる効能があるとして栽培されてきました。

 

菊芋が血糖値を下げると言われる理由

 

菊芋の中に含まれるイヌリンという水溶性の食物繊維が
胃腸において、長時間留まるため、

 

腸における糖の吸収を抑え、膵臓からのインスリン分泌が
少量で済む
のが天然のインスリンと言われている理由です。

 

その他にも、糖尿病の患者に必要なビタミンやミネラル、食物繊維、必須アミノ酸、酵素など
重要な栄養素が豊富にも関わらず、カロリーが低いのが菊芋が注目される理由です。

 

ちなみに、イモと聞くと炭水化物で血糖値を上げるのでは?と疑問に思うと思いますが、
ジャガイモやサツマイモに含まれるデンプン(炭水化物の1種)は血糖値を上げますが、
そのデンプンが菊芋には含まれていません。

 

菊芋の問題点 調達や料理が難しい

 

血糖値を下げるのに効果的と言われていながらも、日ごろ通うスーパーで
この菊芋が販売しているところは余り無く、また、売っていたとしても、
味自体は特に美味しい物ではない為、継続して摂取することが難しいのが
問題点です。

 

 

最近では、高血糖の人向けに、菊芋を粉末にして販売している商品もあるので、
この粉末にしたものを、料理に入れたり、飲み物に入れることで摂取が簡単に
なってきています。

 

→ 血糖値を下げる食品ランキングNO.1 菊芋

血圧が高い人にお薦めの食品""血糖値を下げる食品ランキング