こんにゃくのグルコマンナンは食べ過ぎを防ぎ、血糖値の上昇を抑える

コンニャクが大エッチに有効である事はご存知だと思います。
カロリーが無く、食物繊維が豊富であることから、
女性のダイエットでもコンニャクを使ったダイエット方法が
沢山あります。

 

コンニャクがダイエットに最適だというのには、その主成分である
グルコマンナンに秘密があります。

 

グルコマンナンは水溶性の食物繊維で水を含むと大きく膨れる
性質を持つので胃の中で膨張し満腹感をもたらします。

 

その為、食前に水とと共にグルコマンナンをとると、食べ過ぎを
未然に防ぐ事ができ、カロリーの摂取過剰を抑えます。

 

グルコマンナンが糖尿病に良い理由

 

グルコマンナンには食後の血糖値の上昇を防ぐ働きがあります。
グルコマンナンが酸性の胃の中でゼリー状になり、
ゆっくりと腸に流れていく為、食べ物の胃の中の滞留時間が長くなる事で
ブドウ糖の吸収もゆっくりになり、血糖値の上昇を
抑えます。(血糖値を後で下げる)

 

また、グルコマンナンは、アルカリ性の腸内では弾力性のあるかたまりに変化します。
この時、コレステロールや脂肪分なども取り込み、そのまま体外へ排出するので
中性脂肪やコレセテロール値の低下にも効果がある事がわかっています。

 

グルコマンナンの取り方

 

一番簡単な方法はコンニャクを夕食前に200gほど食べることです。
この時に水分を沢山とるのがポイントです。

 

また、外食が多い人や料理の時間が無いという方は
コンニャクイモからグルコマンナンを抽出した健康食品を使っても構いません。

 

血圧が高い人にお薦めの食品""血糖値を下げる食品ランキング