ニガウリが血糖値を下げる

ゴーヤーで知られる沖縄名産のニガウリは血糖値を下げる食品として有名な食品です。

 

ニガウリは、ビタミンB1、食物繊維、カリウムを豊富に含みます。

 

ビタミンB1は糖の代謝を高めるパワーがあります。

 

また、食物繊維は糖質の吸収を抑えることで食後血糖値の上昇を防ぎ、

 

カリウムは血液中の老廃物を排出させて高血圧による合併症を予防します。

 

 

さらに特筆すべきは、ニガウリの種に含まれる植物インスリン様物質です。

 

この成分は、まさにインスリンと同じような働きを持ち、血糖値を下げる効果があります。

 

 

通常、料理では種を取り除いてしまいますが、健康食品店などで売っている

 

種入りゴーヤ茶 なら手軽にインスリン様成分が摂取出来ます。

 

 

ニガウリは表面のイボイボが鋭く、濃い緑色のものを選ぶようにしましょう。

 

 

★ 糖尿病予防と治療の王様 ニガウリの主な成分含有量 ★

 

・水分 94.4g ・炭水化物 3.9g
・食物繊維 3.9g ・たんぱく質 1.0g
・脂質 0.12? ・カリウム 260r
・ビタミンB1 0.05r ・ビタミンB1 0.07r
・ナイアシン 0.3r *ナイアシンは糖質の分解を促進します
・ビタミンB6 0.06r
・ビタミンC 76r *トマトやキュウリの5倍異常
・ビタミンE 0.9r

 

 

ゴーヤのサプリメント

 

血糖値が下がるからといっても、なかなかゴーヤを日々の食事に入れるのが難しい方は
ゴーヤの健康食品をお薦めします。

 

商品自体は毎日の摂取を薦めていますが、他の血糖値を下げる食品と同時に摂取するならば
2〜3日に1度でも効果があるかもしれません。

 



 

血圧が高い人にお薦めの食品""血糖値を下げる食品ランキング