タマネギを生で食べると血糖値が下がります

ごく身近な野菜のタマネギですが、生で食べることで血糖値を下げること効果が証明されています。

 

タマネギを切るとツーンとして涙が出ますが、この刺激をおこす成分が

 

イソアリイン というタマネギの辛み成分です。

 

イソアリインを生のままで摂取すると、血液中の糖代謝を活発にする力を発揮し、血糖値を下げてくれます。

 

料理の際は、水溶性ビタミンが溶け出さないよう、水にさらす時間を最小限にとどめましょう。

 

 

また、ポリフェノールの1種であるケルセチンにも注目です。

 

この成分は油と結合する働きがあるため、油っぽい料理とタマネギを一緒にとれば、
腸内の余分な脂肪を処理してくれます。

 

ケルセチンには、糖の吸収を抑える働きもあります。

 

タマネギは抗酸化作用も強いので、動脈硬化を防ぐ効果も期待できます。

 

 

血圧が高い人にお薦めの食品""血糖値を下げる食品ランキング