妊娠糖尿病とは?診断基準は?

妊娠糖尿病診断基準

 

@ 妊娠糖尿病とは?
妊娠糖尿病とは、妊娠中に血糖値が高くなったり、その状態が続く状態で、通常の妊娠していない時に判定される糖尿病とはことなり、いわゆる糖尿病、には含められていません。妊婦の状態に起こる現象としてはじめて発見された糖代謝異常です。妊娠糖尿病の判断基準としては、75g経口ブドウ糖負荷試験において、空腹時血糖値≧92mg/dL、1時間後血糖値≧180mg/dL、2時間後血糖値≧153mg/dLのいずれかに該当する場合とされています。

 

A 妊娠糖尿病の原因
 妊娠中は、胎盤でインリンの働きを悪くして、血糖値を上げるように働くホルモン(インスリン拮抗ホルモン)が産生されるため、妊娠中にインスリンが効きにくくなるのです。インスリンは血糖値を下げるためのホルモンですが、インスリンが効きにくくなることで、血糖値が上昇しやすくなるのです。通常は、妊娠の後期にインスリン抵抗性になる頃には、膵臓からインスリンを多く分泌することで、血糖値を上げないように体が自然に血糖値を上げないように調整するため、特に、血糖値が上がることはありません。しかし、体質的に多めにインスリンを分泌することができない妊婦の場合は、血糖値が上昇しやすくなるのです。特に、35歳以上で肥満体質や兄弟姉妹に糖尿病者がいる場合などでは、そのリスクが高いとされています。

 

?妊娠糖尿病のリスク
妊娠中に血糖値が高くなってしまうと、母親のみならず、胎児にいろいろな悪い影響が出るとされています。例えば、妊娠中に血糖値が高まると、赤ちゃんも高血糖になり、出産後も様々な障害が母親にも、赤ちゃんにも起こりやすくなるとされています。具体的には、妊婦である母親が高血糖になると、赤ちゃんは、奇形、心臓肥大、低血糖、黄疸、胎児死亡などのリスクが高くなります。一方、母親は、高血圧症、羊水量の異常、尿路感染症などが発症しやすくなりますし、早産の原因にもなります。

 

C 妊娠糖尿病の治療
 妊娠前には血糖値が高くないのに、妊娠中に血糖値が高くなってしまった妊婦は、将来、糖尿病になりやすいと言われています。血糖値を下げるには、まずは食事療法が大切です。空腹時の急な血糖値上昇がないように、食事をする際には、糖質の摂取の前に、野菜類やタンパク質などをとることが有効です。ご飯類は抑え目に、遅めにというのが基本です。また、空腹時にケーキなどを食べることもリスクになりますから、何回かに分けて食べるなどの工夫もしたいですね。ただ、最終的には血糖値を下げるための効果をさらに高めるために、インスリンの投与をして、血糖値を下げることがあります。

血圧が高い人にお薦めの食品""血糖値を下げる食品ランキング