血糖値とは?

そもそも血糖値とは何でしょうか?

 

人間が活動する為のエネルギーは毎日の食事でとる炭水化物、脂質、タンパク質の3大栄養素から
作られています。

 

このうち、炭水化物は胃液で消化され、腸の消化酵素によってさらにブドウ糖まで分解されます。

 

ブドウ糖は小腸の壁から吸収されて、肝臓を経て血液中に入ります。

 

この血液中のブドウ糖の量が 「血糖値」です。

 

ブドウ糖はエネルギーの源です。

 

血液に乗って全身に運ばれ、運動をしたり、脳で物事を考えたり、臓器を働かせたりすることに消費されます。

 

食事をして血液中の糖分が多くなるとブドウ糖は筋肉や肝臓の細胞に取り込まれ、
グリコーゲンとして貯蔵されます。

 

逆に足りなくなると肝臓から血液中に流れて出て全身へ供給されます。

 

この様に人間の体は自然にブドウ糖の量(血糖値)をコントロールする様に出来ています。

 

* PR 血糖値を下げる食品

 

 

★ 糖代謝の仕組み

 

炭水化物(穀物、イモ類、果物など)を食べる

 

 

唾液、すい液、腸液で消化され、ブドウ糖に変わる

 

 

ブドウ糖は小腸から吸収されて肝臓に送られる

 

 

ブドウ糖は血液に乗って、全身をめぐり、各組織、筋肉でエネルギーになる。
この時、インスリンがブドウ糖を細胞組織に取り込む役目を果たす

 

 

余分なブドウ糖は、グリコーゲンとして肝臓に蓄えられたり、脂肪として脂肪細胞に貯蔵される

 

*参考資料 : 日本糖尿病学会編 「糖尿病の手続き」 

 

血糖値を上げる食品

 

 

糖尿病の食品と食事

血圧が高い人にお薦めの食品""血糖値を下げる食品ランキング