血糖値を下げるお薦めのサプリメント(健康食品)効果が高いのはこれだ!

血糖値を下げる必要性が出たとき、一番最初に考えられるのが、
医者から処方された薬を摂取しながら、食事療法と運動療法を行うことです。

 

しかしながら、多くの人がダイエットや減量と同様、食事制限、運動療法
長く続けることが出来ず、挫折してしまい、そのまま薬療法だけが続き、

 

長く薬に頼ることで、その効果が徐々に薄れ、副作用もあり他の病気の薬や
治療の併用が難しくなるなどの悪影響が出てきます。

 

当サイトでは、食事療法が難しい、長く続かない人には、サプリメントの摂取
おすすめしています。

 

サプリメントは、糖尿病及び糖尿病予備軍の人が通常の食事で摂取すべき
成分を効率良く摂取できるため、効果が期待でき、且つ食事療法と違い
辛さが無いので、長期で取り組むことが可能です。

 

こちらで、トクホの商品などの血糖値を下げるおすすすめの人気サプリメント
紹介します。

 

 

 

富士フィルムハイサラシア

サラシア(ハイサラシア)の特徴

富士フィルム研究所や山口大学などの日本の研究機関が
その効果を新聞などで大きく発表している
注目の食品(食材)です。
血糖値を下げる(上げない)には、
ブドウ糖の量を減らすか、その吸収を抑えるのが
一番理にかなっています。

サラシアは簡単に言うと、食事で摂取した炭水化物を
ブドウ糖に分解する働きを阻害するので体内で発生する
ブドウ糖の量を減らす事が出来るのです。

購入者の96%がリピーターになっている
人気の商品で品切れの為に新規の
購入者を受け付けない時もあるので注意が必要です。

価格 5184円
評価 評価5
備考 血糖値を下げるという点で一番納得出来る商品
サラシア(ハイサラシア)の総評

水やお茶に溶かすタイプで味はほうじ茶に似ており、飲みやすいのが特徴です。
スティックタイプなので持ち運びも簡単で、食事の際にお茶として飲むので
忘れることがありません。

 
 

血糖値を下げる白井田七

白井田七(田七人参)の特徴

糖尿病・血糖値と言ったら、有名な漢方系のサプリメント
血糖値を下げるサポニンを

高麗人参の7倍以上含んでいる商品です。

効果が感じられない人には返金保証が付いているので
実質、無料でお試し体験する事が出来ます。

楽天で一位、満足度98%のお薦めの商品です

価格 お試し価格 9,240円
評価 評価4
備考 糖尿病・血糖値といったら有名なサプリメント
白井田七(田七人参)の総評

糖尿病以外に、高血圧、コレステロール、中性脂肪、更年期障害、
肝機能障害、腎臓障害など

様々な病状の方にも人気の商品です。

漢方系のサプリメントの為、副作用が無く
これだけ多くの症状の方に人気でリピート購入が多いので、

現在期間限定で、全額返金保証がついています。

このお試し期間中の申込をお薦めします

 
 

メタバリアスリム効果

天然のインスリン菊芋の特徴

血糖値を下げる、糖尿病対策だけに

力を入れれば良い という方には
お薦めの商品です。

サプリメントとしては、価格も
お手頃で続けやすいのが
お薦めです!

価格
評価 評価3.5
備考 血糖値を下げる! という目的だけであれば絶対におすすめ
天然のインスリン菊芋の総評

天然(自然)のインスリンと言われ、
最近、健康番組などでも良く紹介される

” 菊芋 ” 

その菊芋を更に糖尿病血糖値対策向けに改良したのが

”紅菊芋” で、茨城県の大子町 で、大学の研究機関と提携して
開発されたサプリメントです。

他の生活習慣病への対策は必要無く、血糖値を下げることだけに集中したいのであれば
間違いなくこの商品がお薦めNo.1です

 
 

富士フィルムメタバリアスリム口コミ

ポリフェノール乳酸菌の特徴

主に便秘が原因で肥満タイプの方で、
血糖値を下げたい方にお薦めのサプリメントです。

最近では、全ての病気は腸内環境の悪化によるもの
と主張される医師もいるぐらい、
 
腸の健康維持が大事と言われています。

価格 3600円
評価 評価3.5
備考 上記はお試し期間中の特別価格です
ポリフェノール乳酸菌の総評

肥満が解消出来ない、便秘気味という方には絶対おススメのサプリメントです。

ポリフェノール乳酸菌は、
腸の環境を改善する善玉菌を沢山含んだ ”乳酸菌” と

身体の毒とされる、活性酸素を除去する ワインやブドウに含まれる
”ポリフェノール”が

ブドウの皮(←ポリフェノールが多いと有名)
 
よりも、30倍も吸収率が高い商品です

 

 

 

血糖値を下げる為に病院で処方される
糖尿病経口薬は

 

数値を一時的に下げる効果はありますが、
治療する訳ではありません。

 

血糖値を下げて、糖尿病を予防する又は治療する事が
目的であれば、

 

食事療法・運動療法は欠かせません。

 

しかしながら、これら方法を毎日続けていくことが非常に
難しいのも、糖尿病の辛さの1つです。

 

それをカバーするのが、
サプリメントです。

 

 

 

血糖値を下げるサプリメント

 

 

サプリメントを使用するのと同時に、
血糖値を下げる食品を良く知っておく事も重要です。

 

 

血糖値下げるサプリメントが人気の理由は

 

血糖値を下げるサプリメントは血糖値の改善に役立つという事で、食生活や健康が気になる年代の人から注目されています。

 

特に健康診断や人間ドックで検査結果をもらった結果、血糖値に不安があるという事がわかった人はなんとか
血糖値を改善したいと思っているはずです。

 

しかし血糖値を下げるためには、それに見合った食事内容の改善や運動などを行っていかなければならないため、
なかなか改善効果を上げる事ができない人が多いのです。

 

また、ちょっとやそっとの努力ではなかなか目に見えて劇的な変化が無い事もあるので、
運動などのモチベーションを維持するのもとても大変という現実があります。

 

そもそも血糖値を下げるサプリメントは効果があるのか

 

血糖値を下げる効果があるとされるサプリメントは魅力的なキャッチフレーズや
説明文が軒を連ねていますので、もしかしたら効果があるかも…と期待してしまいますよね。

 

最近は一昔前よりもうるさいので、本当に効果を実感できる優秀なサプリメントが増えてきているのも事実です。

 

血糖値を下げる効果があると謳われているサプリメントは、
あくまでも血糖値のコントロールの補助をしてくれる存在であり、「医薬品」ではありません。
ですが病院で指示された通りの療法をこなしつつサプリメントを飲むと、
血糖値を下げる効果が発揮されれば治療や負担が少なくなる可能性があります。

 

血糖値に関しては健康診断の結果や、既に糖尿病の人は検査した際の数値を確認できるため、
サプリメントを使用して効果があればすぐに気付ける事も多々あります。

 

血糖値が高い状態が続くと恐ろしい糖尿病のリスクが!その症状

 

血糖値が高い状態が続いたまま放置し続けると、糖尿病のリスクが高くなってしまいます。
糖尿病の診断が下される際の判断材料は、血糖値とHbA1cの数値にあります。

 

この二つの数値の両方が基準値以上だと糖尿病と診断されてしまうのです。

 

血糖値の検査は三種類存在し、空腹時血糖検査・75gOGTT(経口ブドウ糖負荷試験)
・随時血糖検査が挙げられます。

 

よく会社などの健康診断で行われているのが空腹時血糖検査で、
それに引っかかった人が行うのが75gOGTT(経口ブドウ糖負荷試験)です。

 

ちなみに空腹時血糖検査は126mg/dl以上、75gOGTTは200mg/dl以上、
随時血糖検査は200mg/dl以上で糖尿病の可能性が激高となります。

 

更にHb1acの数値は6.5%以上だと糖尿病の可能性が高いとされています。

 

Hb1acは2か月間の血糖値の平均を調べる事が可能で、
ヘモグロビンと糖がどれくらい結合しているのかがわかります。

 

これら二つの数値を組み合わせた上で、両方が以上な数値の場合は、
放置したり結果に怖がったりせずになるべく早く医療機関に相談に行きましょう。

 

そもそも血糖値とは?

 

血糖値とは血液中に存在する糖質の量を数値化したものです。
糖質は食事をする事で体内に供給されますが、炭水化物を摂取すると分解されてブドウ糖へと変化します。

 

血液中に取り込まれたブドウ糖が増えると血糖値が上昇しますが、この際に上昇を抑えてコントロールしているのがインスリンになります。

 

長年バランスの悪い食生活をしていたり、運動不足のまま過ごしてしまうと、それが祟ってインスリンの働きが鈍くなってしまいます。

 

インスリンがうまく働かないと血糖値が高くなる

 

インスリンが何らかの原因でうまく働いてくれないようになると、血糖値は高くなります。

 

インスリンは正常な状態だと膵臓から分泌され、血糖値を問題なくコントロールしてくれます。
ですが長年の間ずっと悪い生活習慣・食生活を続けてしまうとインスリンの分泌がうまくされなくなり、
ブドウ糖の処理能力が低下してしまい、結果的に血糖値が上昇してしまうのです。

 

インスリンの分泌量が正常であっても、肥満や運動不足が続くとインスリンの働きが悪くなり、
糖がしっかり細胞に行き届かなくなるため、持て余した糖が血液中に多く存在してしまう事もあります。

 

血糖値を下げるとされるサプリメントの種類

 

血糖値を下げるために病院で医師に相談すると、指示される方法は大抵食事療法と適度な運動です。
また、必要に応じて薬などが処方されます。

 

血糖値を下げるとされるサプリメントは、これらの負担を軽減してくれる効果が期待できますし、
血糖値を下げるとされる成分の中でもの科学的・医学的根拠がある成分が配合されています

 

しかし血糖値を下げるとされるサプリメントにもいくつか種類がありますので、
どんな成分がどう効いてくれる可能性があるのかを把握しておきましょう。

 

■ALA(5-アミノレブリン酸)

 

ALA(5-アミノレブリン酸)は、糖の代謝アップを促進する事で血糖値を下げる効果があるとされる成分です。
ALAはアミノ酸の一種ですが、ミトコンドリアと呼ばれているエネルギーを作り出す細胞の健康を正常に保つという働きがあります。

 

食べた物が消化され、体内に栄養が取り込まれると、ミトコンドリアが酸素を使ってエネルギーを作り出します。
ミトコンドリアのエネルギー代謝の効率が上がれば糖の代謝も進み、血糖値を下げたり安定させたりする事につながります。

 

このミトコンドリアは、歳を経るごとにどんどん量が少なくなっていき、
個々の細胞も衰えてしまうため血糖値が上がりやすくなってしまいます。
ALAを意図的にサプリメントで摂取する事で、糖代謝の衰えを予防する事につなげていく事が期待できます。

 

また、このような性質を持つALA配合のサプリメントは、食前に飲まなければならない糖の吸収を抑えるサプリメントとは違い、どのタイミングで飲んでも良いというのがメリットです。

 

食事の時間が不規則でいつ食べるかわからない人や、ダラダラと食べ続ける人などにおすすめです。

 

■糖の吸収を抑える事で血糖値を下げるサプリメント

 

こちらは糖の代謝を高めるALAとは違い、糖の吸収そのものを抑える事で血糖値を下げるとされるサプリメントになります。有名な成分として挙げられるのはサラシア・サポニン・イヌリンなどがあります。食前に摂取すると、食後の血糖値の急激な上昇を抑える働きをしてくれると言われています。

 

炭水化物などを摂取すると、消化酵素のα-グルコシダーゼがブドウ糖へ分解し、それが小腸から吸収される事で血糖値が上昇していきます。

 

サラシアに含まれるサラシノールやコタラノールという有効成分がα-グルコシダーゼの働きを阻害するため、糖がそのまま体外に排泄されていきます。これによって必要以上に糖が体内に吸収されていくのが妨害される事で血糖値を下げる事が出来るとされているのです。

 

■インスリンの分泌を活性化させると血糖値を下げる事につながる

 

インスリンは体内の血糖値をコントロールするために欠かせませんが、これに異常が起きると行き着く先は糖尿病となります。

 

血糖値を下げるサプリメントの中には、植物性インスリンという別名を持つピニトールという成分が配合されているものがあり、インスリンをサポートしてくれるとされています。

 

特にアイスプラントと呼ばれる植物に多く含まれているとされ、これがサプリメント化されているのを時々見かけます。

 

アイスプラント自体は家庭菜園が好きな人達の間で人気が高い植物なのでそこまで珍しい物でもありませんが、育てられる時期にも食べられる量にも限りがありますのでサプリメントでピニトールを摂取するのが現実的です。

 

血糖値を調整するお手伝いをしてくれるピニトールは、インスリンの分泌がうまくできなくなってきた人や血糖値が高いのが気になっている人におすすめです。

 

<血糖値下げるサプリメントおすすめランキング>

 

血糖値下げるサプリメントも色々なタイプがある事がわかったところで、こちらでは血糖値を下げるサプリメントのおすすめランキングを紹介していきたいと思います。

 

注目の1位と2位は実際に管理人の知り合いで糖尿病の人にしばらく飲んでもらい、数値を測って効果が見られた物です。これを見ている人にも効果があるとは断言できませんが、実際に数字で効果を確認できたので紹介させていただきます。

 

血糖値を下げるサプリメントを飲む前に健康診断の数値などを覚えておいて、サプリを飲んでどれくらい数値が変わるのかを確認しながら、あなたに合った血糖値を下げるサプリメントを探していくと良いでしょう。

 

効果が実感できるものを長く続けていく事が大事です。もちろん医療機関にかかっている方は医師の指示に従うようにしてくださいね。

 

■1位 アラプラス糖ダウン

 

アラプラス糖ダウンは機能性表示食品で根拠のある成分が配合されているサプリメントで、血糖値を下げる効果については口コミでも評判が良い事で有名です。

 

アラプラス糖ダウンは糖の消費を促す系のサプリメントで、有効成分としてALAが15mg配合されています。飲み方も毎日1回だけ、しかもどのタイミングで飲んでもOKなので気軽に続ける事が出来る点もおすすめポイントの一つです。

 

定期コースで申し込みをすると初回限定価格2646円とお得に試す事ができます。

 

唯一の欠点は2回目以降のお届けが2か月分(60日分)が一度に届くため、2ヵ月おきに8467円のまとまった出費になる事です。(1ヵ月あたり4234円)ただ、血糖値を下げるサプリメントは効果を実感したら長く続ける人が多く、毎月1回よりも2か月分届いた方が受け取りの手間が省けるという事で、この方法が便利だと感じている人も多いようです。

 

1日あたりのコストは定期コースで131円ですが、高血糖はシャレにならない病を引き起こすリスクが高まるので、これくらいのコストで健康維持できる可能性が高まるのであれば安いものですよね。

 

高すぎもせず、安くも無い絶妙な価格帯ですが、効果の面で考えると割と良いと思います。

 

□アラプラス糖ダウンの特徴

 

アラプラス糖ダウンは有効成分であるALAによって食後血糖値の上昇をゆるやかにする事が期待できる類のサプリメントです。

 

従来の血糖値を下げるサプリメントは糖の吸収を抑えるという効果を持つ物がよく見られましたが、糖の代謝をアップさせる事で糖の消費能力を高めるとされているのがアラプラス糖ダウンの特徴です。

 

消費者庁に機能性表示食品として認められているのも信頼性が高く、知人が試して某製薬会社の物よりも効果があったと話していたのがこのサプリメントになります。

 

1日1回ですが飲むサプリメントの粒数が少ないのも錠剤が苦手な人にはうれしいですね。

 

■2位 白井田七

 

白井田七の有効成分のほとんどは、高麗人参よりもはるかに貴重な田七人参です。9割以上がはるか古来から高貴な身分の人々に用いられていたとされる田七人参という特徴があり、血糖値を下げる有効成分で有名なサポニンが豊富に含まれています。

 

白井田七のサプリメントはインスリンの分泌を促進し、ブドウ糖をエネルギー化して筋肉に取り込ませる効果などが期待できます。

 

白井田七は発売から既に6年以上経っていますので、今まで愛用していたのに突然終売になってしまった…。といったリスクが少なそうなのもおすすめポイントです。既に10万本の売り上げ実績もあるほど愛用者が多いのも特徴の一つです。

 

その効果も高いと口コミなどでも評判ですが、1日あたりのコストは定期コースで173円と他のサプリに比べて少々高めです。初回限定価格は税抜で3980円、定期コースは2回目以降5184円となります。

 

しかし最近は高いサプリメントでもせいぜい1万円以下で購入できるようになりましたね。20年前位は1万5千円〜2万円以上の効果ないサプリメントが平気で売られていた事を考えるといい時代になったものです。

 

白井田七のサプリメントは食事の前後に飲むのが良いとされています。

 

□白井田七の特徴

 

白井田七の特徴は田七人参に豊富に含まれているサポニンがインスリンと似たような働きをし、血糖値を下げるお手伝いをしてくれる点です。

 

長く続ける事が大切という特徴がある血糖値を下げるサプリメントの中では、余計な添加物などが一切使われていないオーガニックなサプリメントなので安心して飲み続ける事が出来るのも特徴的です。

 

田七人参という名称だとどこか白いふんどしをしたオッサン的なイメージですが、実は高麗人参の約7倍の有効成分を含んでいるというトンデモ人参なのです。体の巡りを良くするとされているほか、食事などで摂取するしかない必須アミノ酸も豊富なので、血糖値を下げるだけでなく体の基本的な健康維持に役立ちます。

 

 

 

■3位 グラシトール

 

グラシトールには植物性インスリン・ピニトールが配合されています。インスリンの働きをサポートする成分として、世界では保健機関でも認められている信頼のおける成分です。

 

リピート率94%と書かれていますが、最近のサプリメント通販のページには大抵書かれていますのでこれは無視して良いでしょう(笑)

 

グラシトールにはアイスプラントに含まれているピニトールが300mgも配合されています。初回限定のお試し価格は税込1518円で、定期コースだとお得に続ける事ができます。1日あたりのコストは129円です。

 

グラシトールの飲み方ですが、一気に1日の推奨量6粒を飲むのではなく、毎食ごとに分けて飲むのがおすすめと言われています。飲むタイミングは食事の前後が最も効果的だとされています。

 

□グラシトールの特徴

 

グラシトールはモンドセレクションで4年連続金賞を受賞していますが、モンドセレクション金賞というとなんかスゲー!と思いますけど毎年多くの日本の商品が受賞しまくっていてそれほどでもないのでこの点も無視して良いでしょう。

 

世界的に見ると保険機関で認められている成分・ピニトールが中心のサプリメントになります。糖を骨格筋のエネルギーとして取り込みやすくする効果が期待でき、これによって血中の糖の消費を促す事が可能になります。

 

ピニトールも血糖値を下げるサプリメントとしてかなり注目されつつある成分で、血糖値が気になる多くの人が続けているという特徴があります。

 

■4位 金の菊芋

 

金の菊芋は医学博士兼内科医監修のサプリメントです。糖の吸収を抑制する効果が期待できるイヌリンなどが配合されているサプリメントで、食事の前後のいずれかのタイミングで飲むと効果的とされています。

 

通常価格は税込5616円になりますが、定期コースの場合初回限定価格が1058円で試す事ができ、2回目以降も3456円と、定期コースで申し込みをする方がはるかにお得で続けやすいお値段になります。定期コースの場合の1日あたりのコストは115円なので、リーズナブルさもあります。

 

また、定期購入を申し込んだとしても一切期間縛りが無く、1回目で効果が実感できないと感じれば休止や解除がOKというのもお客さんにやさしいシステムです。

 

血糖値を下げるサプリメントとしては王道の糖の吸収を抑える効果を持つとされるこのサプリは、摂取する事で善玉菌のエサになり、腸内を整える作用も期待できる事から注目を浴びています。

 

一粒で二度おいしいサプリといったところで、万が一効果が実感できずに1ヵ月でやめる羽目になったとしても、腸内の善玉菌のエサになるという面でムダにならないというのはポイントが高いです。

 

□金の菊芋の特徴

 

金の菊芋は血糖値が気になる方向けのサプリメントで、イヌリンという食物繊維が糖の吸収を抑制し、食後の血糖値の上昇をゆるやかにしてくれる効果が期待できます。

 

イヌリンという食物繊維を摂取すると、体内に存在する酵素の力によってフラクトオリゴ糖へと変化します。フラクトオリゴ等は腸内の善玉菌のエサとなり、善玉菌の数を増やしたり、数を減らしにくくする役割を果たしていると言われています。
実は腸内環境を整える事で、インスリン抵抗性の改善が見られることがわかってきており、血糖値のコントロールと腸内環境は意外な事に密接な関係にあるのです。

 

金の菊芋は腸内環境を整えるサポートと、血糖値を下げるサポートのダブル効果が期待できるため非常に効率が良いですが、普段から日常生活で善玉菌をより増やすために、餌となるオリゴ糖を摂取しつつ食物繊維をしっかり摂る事で、腸内環境を整える努力をするのがおすすめです。

 

■5位 ルックルックイヌリン+

 

ルックルックイヌリン+もイヌリンによって糖の吸収を抑える事ができるタイプのサプリメントになります。イヌリンの効果によって血糖値を下げるサポートが期待できるほか、上記でも出てきたサラシアや、血の巡りを改善するとされるナットウキナーゼ、そしてゆくゆくは善玉菌のエサとなるイヌリンと共に腸を整えてくれる乳酸菌まで配合されています。

 

ルックルックイヌリン+は血糖値を下げるために有効とされる3つの作用で血糖値が気になる人の体にアプローチしていく事が可能です。

 

ルックルックイヌリン+は1日あたりのコストが142円で、通常価格は4752円になります。しかし定期コースで申し込みをすると初回限定価格は2980円、そして2回目以降は4276円となります。定期コースはいつでも変更や解除が可能になっています。

 

このサプリメントを飲むタイミングは食事の前後がベストとされています。

 

□ルックルックイヌリン+の特徴

 

イヌリンは菊芋やごぼうに豊富にふくまれている成分です。水溶性食物繊維の一種で、糖の吸収を阻害して血糖値の急激な上昇を抑える効果が期待できます。

 

また、血糖値の他にも血管の健康をサポートするナットウキナーゼやサラシアが配合されているのが大きな特徴です。

 

サラシアにも糖の吸収を抑制し、食後血糖値の上昇を抑える効果が期待できます。血糖値を下げるサプリメントとしてはリーズナブルな価格帯が特徴のサプリメントなので続けやすく、短期間だけのお試しでも定期コースの期間縛りが無いので気楽にお試しできます。

 

■番外編 血糖値下げるお茶『ハイサラシア』

 

ハイサラシアはサラシアの茶葉にほうじ茶を加え、おいしく飲める健康茶として血糖値が気になる人達から親しまれています。

 

サプリメントだけでなく、普段飲むお茶として取り入れる事でサラシアが配合されているサプリメントと同じように血糖値を下げるのに役立ちます。

 

血糖値のコントロールにおすすめなお茶ですが、お茶が苦手な人もいる事と、サプリメントよりはお手軽感に欠ける事、そして1日あたりのコストが194円といった所も相まってランク外となりました。

 

しかし血糖値の急激な上昇を抑える効果が期待できるハイサラシアは厳選された茶葉がふんだんに使われていますので、サラシアという成分に注目している人にはかなりおすすめな商品の一つです。

 

定期コースの初回限定価格は4860円、二回目以降からは5832円となります。通常価格が6480円なので、定期コースの方がお得と言えばお得です。

 

定期コースは3回継続するという縛りもあります。しかし口コミなどでも評判が良いので、気になる方は効果が実感できるかどうかだけでも試してみると良いでしょう。

 

粉状なので有効成分をしっかりまるごと体内に摂取する事が出来る点も魅力です。

 

<血糖値を下げる食事方法>

 

血糖値が気になり始めた人は、血糖値下げるサプリメントだけではなく、普段の食生活や生活習慣を改善していかなければなりません。生活習慣・食習慣そのものを改善していかないと、血糖値を下げるサプリメントを止めた途端に元通り数値が危なくなってしまいます。

 

サプリメントは血糖値の上昇を抑えるサポートは出来ますが、医薬品ではないので完治などはできません。うまく血糖値のコントロールをするにはやはり血糖値を下げるための食事方法や、適度な運動も組み合わせていく必要があるのです。

 

じゃあサプリメントなんて必要ないじゃん!と思うかもしれませんが、血糖値のコントロールというのは意外と難しく、糖尿病の人などは一生懸命頑張っているのに血糖値がうまくコントロールできないで苦労している人も多いのです。

 

まだ糖尿病ではないけれど、健康診断の結果血糖値が気になるという人は、それ以上悪化する前に改善していく事がとても大切です。

 

■食事の初めはまず野菜から食べる

 

食事の一番初めに野菜から食べると、血糖値の急激な上昇を抑える事ができます。この食事方法はベジファーストやベジタブルファーストなどと呼ばれています。

 

多くの人がメインのおかずと共にごはんを食べるのが最初になってしまっています。しかしいきなり初めから白いご飯を食べる事で、糖の吸収を妨げる物が無いため血糖値が急上昇しやすくなってしまいます。

 

野菜を一番初めに食べると、野菜に含まれている食物繊維の力で糖の吸収がある程度阻害され、食後血糖値の上昇をゆるやかにする事が可能になります。

 

少し前に話題になった食べ順ダイエットもこれと似たような方法が取られています。食物繊維は糖の吸収だけでなく、食後中性脂肪の上昇も抑制するため、ダイエット効果も期待できるそうです。

 

■体内に吸収される糖質をある程度制限しないと血糖値を下げるのは難しい

 

血糖値を下げるサプリメントは、糖の吸収を抑える効果や糖の代謝を高めてくれる効果が期待出来る物など何種類か存在します。しかし、肝心の摂取する糖が多くては、サプリメントでサポートしきれません。

 

血糖値が気になり始めた人は、ある程度糖質制限をしないと血糖値を下げるのが難しくなります。

 

自分が一日にどれくらい糖質を摂取しているのかを把握し、1日70〜120mg程度に収まるようにする事が大事だと言われています。糖尿病などの血糖値が気になる人向けのレシピはネットにゴロゴロありますので、そういったものを活用してみると良いでしょう。

 

■おやつや飲み物などには特に注意

 

血糖値が気になる人が、飲み物として砂糖たっぷりのジュースを一日に何本も飲むようなことはあまりしないと思いますが、普段の食事だけでなく、おやつや飲み物にも気を配るようにしましょう。

 

市販のお菓子や飲み物の中には、自分たちが想像している以上に糖質が含まれている事が多いです。甘い物が止められない人もうまくストレスが溜まらないように工夫しながら、糖質を摂りすぎない努力をしていきましょう。

 

また、ジュースがやめられない人は、まずは紅茶のフレーバーティーに変えてみるのもおすすめです。ストロベリー・ピーチ・マスカットなど、砂糖を入れなくてもフルーティな香りがするお茶がありますので、そういったものを試してお気に入りを探すのもおすすめです。

 

また、サラシア茶や桑の葉茶など、色々お茶の種類を揃えておくと飽きずに楽しめます。

 

■青魚は血糖値や血管の健康が気になる人の強い味方

 

青魚に含まれるDHAやEPAには、悪玉コレステロールを低下させて血管の健康を守る効果が期待できるとされています。この他にも色々な健康効果が噂されていますので、複合的な効果が得られるかもしれません。

 

血糖値が高い状態のまま長年を過ごすと、糖尿病のリスクが非常に高まってしまいます。糖尿病は世間のイメージよりもかなりエグい合併症を引き起こすため、後から後悔する人が後を絶ちません。

 

病院でも糖尿病患者が、こうなる前に知りたかったとか、こんな怖い病気だなんて知らなかったとボヤいています。

 

糖尿病の合併症の中には、動脈硬化によって心筋梗塞や脳梗塞などを引き起こすというものがあります。この他にも失明や足の切断のリスクもあります。

 

運よく糖尿病にはならなくても、血糖値が高いと血管の健康が徐々に損なわれていく可能性があります。血管内に悪玉コレステロールが溜まり、活性酸素によって酸化コレステロールに変化すると、心筋梗塞が引き起こされたりします。

 

悪玉コレステロールを低下させると言われている青魚に存在するDHAやEPAは、血糖値を下げることを目標としている人達にとって相性が良い成分なのです。

 

■血糖値が高い人はお酒はダメ?

 

お酒を飲む事自体、血糖値が高い人にはリスキーなのですが、仕事や知人とのお付き合いでお酒を断れない事が多々あるのが日本の文化というものです。日頃のストレスを発散させる場でもありますから、うまくお酒と付き合うようにするのがおすすめです。

 

しかしアルコールには血糖値を上昇させる働きがある上に、お酒の種類によっては糖質がたくさん含まれている物もあります。また、お酒を飲みながら食べるタイプの人は、普段なら入らない量も平らげてしまう事があります。

 

居酒屋などのメニューは糖質が多く脂っこい食べ物がたくさんありますし、味も美味しいのでどんどん食べてしまう事もあるでしょう。飲み食いしているうちに糖質や脂質をたっぷり摂取してしまう事になるのも珍しい事ではありません。

 

お酒を飲む場合も一番初めにサラダや枝豆などの野菜をしっかり食べてからにしましょう。これは血糖値の急上昇を緩やかにする効果だけでなく、悪酔いも防げる可能性が高まります。

 

また、お酒を飲む機会があった翌日以降は、普段の日常生活でも気を引き締めて食生活の管理をしていきましょう。

 

<血糖値下げる運動はある?どれくらい行えばいいの?>

 

血糖値下げるためには適度な運動が必要と言われても、なんのお金も発生せず、ただやみくもに運動するなんてモチベーションが続かないという人も多いでしょう。専業主婦も社会人も忙しいため、運動する事が好きじゃないと運動する時間すら惜しいものです。

 

しかし血糖値を下げる運動は週に1回でも効果が望めると言われています。

 

運動不足になる事でエネルギー代謝が悪くなると血糖値がうまくコントロールできなくなり、血糖値を下げる事が出来なくなってくるのです。代謝が下がり始める中高年の頃に血糖値が気になり始める人が多く出てくるのもうなずけます。

 

運動不足の人の筋肉は脂肪筋の状態になっていると言われています。霜降りですね。しかし牛と違って価値が無いのが切ないところです。

 

暴飲暴食・運動不足などが原因で、使いきれなかったエネルギーが筋肉細胞に脂肪として残ってしまっています。そしてこれがインスリンの働きを低下させる原因の一つとなるのです。

 

インスリンの働きが鈍る事で血糖値が上がりやすくなってしまいます。

 

ですが週に1度でも運動をする事で、血糖値の改善には効果的だとされています。初めは週に1日でも、徐々に慣らして週に2〜3日運動する事で血糖値を下げる事に大いに役立てていけます。

 

■意外と体が快調になるウォーキング!家で出来る筋トレ!

 

血糖値を下げるための運動はどのようなものが良いのでしょうか?

 

多くの人におすすめなのがウォーキングです。1回30分〜1時間程度を目安に近所やショッピングセンターを自分が苦しくない程度の早足で歩くのがベストです。

 

1ヵ月もしないうちに体がよく動くようになったり、気持ちが前向きになるなど、ウォーキングにはとても良い効果があります。ダイエットを兼ねたいのであれば、カロリー消費量を増やす効果が期待できるウォーキングシューズがあるので、それを使ってみても良いでしょう。

 

負担にならないのに負荷がかかりやすく、トレーニング効果も増すと言われています。

 

また、寒い季節や雨の日が続く時、暑すぎる時期は外にトレーニングに行くのが嫌になり、続かなくなってしまう人も出てきます。

 

そのような時には家の中で出来る筋トレをしましょう。太ももや腹筋・背筋などを鍛えるのも良いですが、最近は1万そこそこの値段でコンパクトなウォーキングマシンやバイクマシンなどが売られていますので、それを購入してテレビを観たり音楽を聴きながらトレーニングするのもおすすめです。

 

また、そういった変な物を置きたくない場合は、まぁラジオ体操をしとけばOKだと思います。

 

筋肉が増える事で糖の消費量が増え、それが血糖値を下げる事につながっていきます。

 

■普段の生活でも何気ない運動を意識しよう

 

特別なトレーニングだけでなく、普段の生活でも何気なく運動を意識して生活するようにするとトレーニングの代わりになります。

 

エレベーターやエスカレーターではなく階段を利用したり、電車で座らずに立っていたり、ちょっとした距離は乗り物に乗らずに歩く、家ではこまめに掃除などをしてみるといった事を心がけると運動不足解消につなげていくことができます。

 

血圧が高い人にお薦めの食品""血糖値を下げる食品ランキング

 

血糖値を下げるサプリメント記事一覧