糖質制限ダイエットで血糖値が下がらなかった時

糖質制限を始めて、急激に血糖値が下がり症状が改善された
という報告は多いのですが、

 

それを続けていたところ、
ある時突然、血糖値が下がらなくなった、血糖値が安定しなくなっと
という症状がある様です。

 

糖質制限を始めたのに、全く血糖値が下がらない人の場合は、
多くの場合、独自の方法で実践している為、知らずに内に
糖質が含まれている食品を多く摂っていたという事もありますが、
糖質制限を初めて、初期の頃は血糖値が順調に下がったのですが、
ある時を境に、血糖値が下がらなくなり、下がっても、安定しない
事がありました。

 

糖質制限を薦めている先生に聞いてみると、

 

糖新生(とうしんせい)が原因ではないか?という事でした。

 

糖新生は、体内の糖が不足することで、体を維持する為(脳にブドウ糖を送るため)
維持するために、肝臓が糖以外の物質から糖を合成する作用という事でした。

 

通常は一過性のもので、この状態が長く続く事で血糖値が下がらないという事は
無いと言われていますが、

 

ストレスがあったり、糖新生を薦めてしまう(糖の調整ができない)体の疾患が
発生している可能性があるとの事でした。

 

私の場合、体に異常は見当たらなかったので、他の方法として、

 

有酸素運動や、サプリメントなどを利用することを薦められました。

 

薬より、体を根本的に強くするサプリメントの方が身体には負担を掛けないかも
しれません

 

→ お薦めのサプリメント

血圧が高い人にお薦めの食品""血糖値を下げる食品ランキング