運動療法のメリット

糖尿病の治療では食事療法と運動療法が基本的な治療方法です。

 

運動によってエネルギーとしてブドウ糖を消費すると同時に
肥満を軽減し、筋肉の量が増えることでインスリン抵抗性を下げる効果もあります。

 

食事療法だけを行うと、脂肪だけではなく筋肉量も減ってしまうので、運動療法は
絶対的に必要な方法です。
ブドウ糖は筋肉でも蓄積され、利用されるので、筋肉の量を維持しながら、脂肪だけを
減らす作業が必要です。

 

運動する事で例え、インスリンがなくとも(効きが悪くとも)、ブドウ糖が
筋肉に蓄えられ、血糖値が下がることも最近明らかになっています。

 

運動療法が効果的な理由

 

1.ブドウ糖をエネルギーとして消費し直接的に血糖値を下げる

 

2.運動で消費した筋肉中のグリコーゲンを補給する為に
  血液中のブドウ糖が使われ、血糖値を下げる

 

3.筋肉が増えることで糖の利用が増えて、血糖値を下げる

 

4.その他の生活習慣病や合併症の予防にもなる

 

5.ストレス発散になる

 

 

既に薬物療法を行っていても、運動療法を行うことでその効果や作用が
スムーズにもなります。

 

 

血圧が高い人にお薦めの食品""血糖値を下げる食品ランキング