運動療法で一番大事なこと

運動療法で一番大事なことは

 

継続することです。

 

特にハードなトレーニングをする必要はなく

 

基本的には

 

ウォーキングと軽い筋力運動です。

 

 

ウォーキングは20〜25分以上歩く様にしましょう。
連続で歩くことが無理であれば、分割してでも構いません。

 

サラリーマンの方は、通勤時に意識して歩くだけで十分な運動になります。
目的地の1つ前の駅でおりたりすれば距離も長くなります。

 

 

筋肉を維持する為の運動

 

ウォーキングと同時に筋肉を維持・向上させると、血糖値の治療と
予防には大変効果があります。

 

特に大きい筋肉を鍛えると効果が高まりますので、

 

スクワットで大腿筋を鍛えたり、軽い腕立て伏せで胸の筋肉を来るのも
有効です。

 

先ほどのウォーキングの中に階段の上り下りをいれたり、大股で歩いたり、膝を高くして
歩くことも有効です。

 

 

糖尿病の患者の方やお年寄りの方の筋肉と基礎体力の向上を目的で開発された
家で出来るエアロバイクは、ウォーキングと筋肉トレーニングを同時に
簡単に行えるのでお薦めです。

 

 

サイクルツイスタースリム

サイクルツイスタースリム

\20,366(税込)

《サイクルツイスタースリム》によるトレーニングでは、ウォーキングやステップ運動に比べカロリー消費量は飛躍的に増加します。既製サイクルマシーンのように足だけのペダル運動だけでなく、腕を使うローイング(ボート漕ぎ)動作が加わることで、下半身と上半身のバランスのよい…

拡大画像を見る
サイクルツイスタースリムサイクルツイスタースリムをカートに入れる

血圧が高い人にお薦めの食品""血糖値を下げる食品ランキング